アイピルとカップルの後ろ姿

緊急避妊薬としてアイピルは日本のみならず世界中で使用されている医薬品です。性行為後にパートナーのコンドームが破れてしまったなど、望まない妊娠をしないためにアイピルの常備をしといたほうが良いと思います。そんなアイピルについて紹介いたします。

アイピル服用後の注意点

アイピル服用後の注意点 について、飲む女性は理解しておく必要があります。

緊急避妊ピルのアフターピル服用後の注意は、アイピルの成分の働きで、排卵が遅れることがあるということです。
その後の性交渉で、妊娠する可能性もあります。緊急避妊ピルのアイピルを飲んでも、その効果が効いたかどうかは、アフターピル服用後にすぐわかるというものではないのです。

アフターピルは性交渉から72時間以内に服用することで高い効果を発揮します。
アフターピルを飲んだものの、毎月の生理の予定日が、すでに1週間以上も遅れていたりしたら、アフターピルの処方を受けた病院に、念のため相談をしてみましょう。

念には念を入れて、本当に避妊に成功しているかどうか、女性に生理が来て初めて判明をすることになりますので、油断はできません。
アイピルは高性能ですが、完璧ではありません。
万が一ですがアフターピルの緊急避妊ピルを服用したのに、それでも妊娠してしまったときのためにしっかりと準備をしておきましょう。
アフターピルを飲んでしまったために、異常妊娠を起こしていたり、妊娠をした胎児に異常が見られたりということは、ほぼない話になります。

またピルなら通販で買うこともできるので、時間との勝負と言われるアフターピルは特に前もって準備をしておく必要があります。
さらに普段から毎日飲んで避妊できる低用量ピルも販売しているので病院で相談する時間がない人は通販を利用してみるのもいいでしょう。