アイピルとカップルの後ろ姿

緊急避妊薬としてアイピルは日本のみならず世界中で使用されている医薬品です。性行為後にパートナーのコンドームが破れてしまったなど、望まない妊娠をしないためにアイピルの常備をしといたほうが良いと思います。そんなアイピルについて紹介いたします。

黄体ホルモンに影響を与えるアイピルの使い方は?

アイピルとは、一般にアフターピルと呼ばれて利用されている緊急避妊薬の一種です。先発品のジェネリック医薬品で、避妊に失敗してしまった場合72時間以内に服用することで妊娠を防ぐ効果があります。ただ、より確実な効果を得たい場合は24時間以内に服用する必要があります。この時間内であれば、服用することで90%以上避妊が成功するとされています。

アイピルはアフターピルの一種なので、一般的に避妊のために使用されるピルとは違った使い方をします。一般的なものは毎日1錠ずつ飲む必要がありますが、アイピルの場合は避妊に失敗した後にだけ飲むことになります。主成分はレボノルゲストレルという物質で、黄体ホルモンの量をコントロールして排卵を抑制する効果がります。避妊に失敗して精子が侵入してきたとしても、排卵が遅れれば受精することはありません。毎日服用する必要が無く、万が一の時に備えて携帯しておくこともできるので非常に助けとなってくれます。ただ、あくまでも緊急用として使用されるものなので、毎日常用することは避けてください。一般的なピルと比べて含まれている黄体ホルモンの量が多いため、服用量が多くなると頭痛や吐き気など様々な副作用が現れやすくなり、症状も重くなりがちなので危険です。

アイピルの場合、ジェネリック医薬品であるため先発品と比べると半額以下という低コストで購入することができます。処方してもらうには婦人科を受診して医師に処方してもらうか、最近では医薬品の通販サイトでも販売されています。初めて使用する場合は使い方や副作用などの説明を受けた方が安心なので、できるだけ医師に診察してもらってから使用するようにしましょう。