アイピルとカップルの後ろ姿

緊急避妊薬としてアイピルは日本のみならず世界中で使用されている医薬品です。性行為後にパートナーのコンドームが破れてしまったなど、望まない妊娠をしないためにアイピルの常備をしといたほうが良いと思います。そんなアイピルについて紹介いたします。

彼が避妊をいい加減にするなら値段の手頃なアイピルを

彼が避妊を徹底してくれないと、不安になっている女性というのは多いものです。
男性の全てとは言いませんが、避妊に対して本当に真剣に考えている男性はそれほど多くありませんからいい加減な避妊をする男性も少なくありません。
最終的にはコンドームをつけるにしても最初はそのまま挿入をしてみたり、あるいは膣外射精を避妊だと考えている男性もいてそのような彼を持つ女性というのは常に妊娠との不安で一杯になってしまいます。

女性のことを考えずに避妊を徹底しない男性とは別れてしまうのが一番ですが、避妊以外の面では理想的な彼となるとなかなか簡単に別れるという選択もできません。
そこで、彼が避妊を徹底してくれないのであれば女性が自ら率先をして避妊をするのが一番なのですが、その時に役に立つのがアイピルです。
これは避妊をしないで性行為をした後にできる避妊薬であり、手頃な値段で買うことができるため経済的な負担も少ないのが嬉しいポイントです。

アイピル性行為後できるだけ早い段階で服用することが大切であり、24時間以内に服用をすると95パーセント前後の確率で避妊をすることができるとされています。
72時間以内であれば有効とされるだけの効果を見込むことができるので、避妊がいい加減な彼を持つ女性はアイピルを持っておくと妊娠の可能性があるときなどに避妊をすることができるので安心です。
ただし、アイピルというのは女性にとって体への負担が大きな薬であるため、あくまでもいざというときの手段として使うのが大切で彼に対してはアイピルを持っているということを教える必要はないでしょう。
余計なことをいえば、男性は避妊をせずに性行為ができると考えがちなので黙っておいたほうが賢明だといえます。